お問い合わせ無料ご相談
instagram

Member

代表取締役
CREATIVE DIRECTOR

小嶺 順義

KOMINE KAZUYOSHI

1995.4 株式会社読売広告社入社 名古屋支社営業部に配属
1999.3 クリエイティブ局キャスティングルームに転属
2001.4 コミュニケーション本部クリエイティブ局第1部にCMプランナーとして配属
2006.4 クリエイティブディレクターに昇格
2009.10 コミュニケーション デザイン センター(CDC)兼務
コミュニケーションディレクター/クリエイティブディレクターとして活動
2011.4 クリエイティブ局第3ルーム ルーム長補佐(最年少役付CD)に昇格
2011.7 株式会社読売広告社を円満退社
2011.8 株式会社カタボーを立ち上げ 代表取締役に就任
自社オリジナルの事業開発とプロモーションから、広告クリエイティブまで幅広く事業を展開中

食品、アルコール・飲料、菓子類、流通、ファッション、出版、自動車、不動産 等多岐にわたる業界の担当経験あり。
タレントキャスティング部にも在籍していた知見を活かし、数多くの国内外有名タレントの案件も経験。
TV-CMからWEB、プロモーションまで、一貫したコミュニケーションプランニングの企画立案・実施経験を持つ。
クリエイティブディレクター/コミュニケーションデザイナーとして活動中。

受賞歴
クリエイター・オブ・ザ・イヤーノミネート(2006年)
カンヌ国際広告祭 サイバーライオン ファイナリスト(2008年)
その他、ACC CMフェスティバル金賞・地域奨励賞、朝日広告賞、消費者のためになった広告等、受賞多数。
好きな言葉
「運用の妙は一心に存す」 
(何事もうまく機能を発揮するかどうかは、それを用いる者の臨機応変の心のはたらき一つにかかる)
モットー
「意志あるところに道はある」

専務取締役
EXECUTIBE DIRECTOR

深谷 太郎

FUKAYA TARO

1999 株式会社読売広告社入社。
高志・創造・挑戦・貫徹を胸に刻み社会人人生スタート!
営業として
ハウスメーカー・不動産を担当し「責任感」を知る。
建材メーカー・建設会社を担当し「信頼」の重みを知る。
宝飾企業を担当し「学び」の大事さを知る。
菓子メーカーを担当し、「人」の本質を知る。
2009 先輩から社会人とは「人間力」だと。
2010 父親から「恩義」を忘れる人間になるなと。
2011 件の数々の教えと思いを胸に決意
同社を退社後、株式会社カタボーを設立。
たまに
意識すること
「これからの人生が、これまでの人生を決める」
たまに
思うこと
「One of themで終わるかSomebodyになるか。」
たまに
言いたいことば
「どんな将来を思い描く?」

PRODUCER

岩井 朋行

IWAI TOMOYUKI

1974 長野県出生
1997 CM制作会社入社
ハンバーガーチェーン、家電量販店、電化製品製造業、日用品製造業、総合小売業等を担当
2005 総合広告制作会社入社
住宅設備機器製造業、金融業、保険業、不動産業、住宅展示場運営業等を担当。
2011 株式会社カタボー参画
ホームセンターチェーン、ファッションメゾン、自動車製造業、公営くじ、住宅製造業、化粧品製造業を担当
スローガン
「オレがヤル」
意味①:いかなる状況でも、お客様の立場に立って主体的に取り組み、販売促進に貢献すべく精進すること。
意味②:阪神タイガース会派であること。2020年のチームスローガン。
座右の銘
「熱燗冷(あつかんひや)」
意味①:相反するものをさらに高い次元に統合させて、解決を図ること。アウフヘーベン。
意味②:寒い日も暑い日も毎日必ず飲酒すること。

PRODUCER

石坂 一樹

ISHIZAKA KAZUKI

1981 東京都小金井市生まれ
生後三か月で東京都大田区に。姉にタヌキと呼ばれ続ける。
小・中学生 年子の妹に何をやっても勝てないキャシャで小さい子供。
野球、水泳、バドミントン、器械体操、バスケをし、スポーツ付けの毎日で休みの過ごし方が分からなかった。
高校生 髪の毛を姉に好き放題パーマをかけてもらい通学。
女子にモテる為に勝ち取ったバスケのスタメン。
せっかく取るもケガして手術という残念な奴になる。
大学生 文系出身なのに無理やり建築士になるため建築の学校へ。
CADを学ぶため3年次編入をしたが、必修と重なるという編入詐欺のようなことに。
社会人 建築資材のメーカーをはじめ飲食のコンサルティング、児童館での勤務やエンジニアなどを経験。
2017 株式会社カタボーに12月入社。
父の教え
「優しいなら誰にも負けるな。優しさは強さだ。」
母の忠告
「優しすぎるのが欠点。」
(対照的過ぎてよくわからない。。。)
続けていること
「困っている人をほっとかない。(体調不良など)」
ペットボトルの水を買って1本渡すようにしている

PLANNER

佐藤 廣河

SATO KOUGA

1999 東京都板橋区にて爆誕
2004 幼稚園入園。当時は人と話すのが苦手でいつもいじめられていたらしい。
見た目も太っていて歯並びも悪くおまけに目も悪かった。
母親は父に「息子の将来は終わりだ、、、」と毎晩泣きながら言っていたらしい。
どんな親やねん
2010 小学五年生、眼鏡をかけるようになった。父が不憫に思い、ない貯蓄を切り崩し歯並びの矯正をさせてくれた。
「歯以外は自分でなんとかしてくれ」と言われた。きつかった。
2014 高校1年生、この頃、眼鏡からコンタクトに変えた。なぜか気付かぬうちに顔が整って、ある程度ハンサムになっていた。
「元V6岡田准一」に似てるということで、この頃のあだ名は「ひらパー兄さん」だった。
2019 キャバクラでアルバイトをし、経営者の方々から寿司をご馳走になりまくっていた。
その後、縁があり、ガールズバーで店長をやり店を立ち上げることに、、、
いつの間にか「ガルバー兄さん」となっていた。
2021 8月、バーを辞め株式会社カタボー入社、日々勉強中
好きな名言
「トーマス・エジソン 〜天才とは1%のひらめきと99%の努力である〜」
(ありきたりだが、誰もが天才になれることの証明)
意識して
いること
「自責思考」
(自分がミスしても誰がミスしてもきちんとミスを防ぐ行動をできなかった自分が悪い。)
趣味
漫画(好きな漫画ランキングTOP3 1位 宇宙兄弟 2位 ワンピース 3位 キングダム)

DESIGNER

木村 澄子

KIMURA SUMIKO

1998 今は無き、代々木のデザイン会社に入社。
夜遅くまで働き、朝まで飲んで、公私の境のない生活を送る。
2002 取引先に誘われて、フリーランスになる。
2006 かつての仕事仲間8名とLLPを立ち上げる。
2018 株式会社カタボーに在籍。自宅作業が多く、だいたい週一出社。
ライフワーク
絵を描く
師事する先生の下で周りと切磋琢磨しながら日々勉強中。
新制作展 第83回展 初入選。(本名で出展)
以後毎年出展。

ACCOUNT

渋谷 綾乃

SHIBUTANI AYANO

青森県生まれ

群馬県で学生時代を過ごす【幼少期からとにかく食いしん坊で大食漢だった為テレビチャンピオンの大食い決定戦に出場することを夢みていた】

2008 物流会社の事務員として入社
2020 退職
2021 ご縁がありカタボー入社
心がけて
いること
「何事にも感謝の気持ちを忘れない。」
PAGETOP